2010年06月11日

菅首相会見詳報(2)「沖縄の負担軽減も真摯に取り組む」(産経新聞)

「また、日本の財政状況がこれまで悪くなった原因が、端的にいえばこの20年間、税金が上げられないから、借金でまかなおうとして、大きな借金を繰り返して、効果の薄い公共事業、例えば100に近い飛行場をつくりながらまともなハブ空港がひとつもない。これに象徴されるような効果の薄い公共事業にお金をつぎ込み、また一方で社会保障の費用がだんだんと高まってきた。これが今の大きな財政赤字の蓄積の構造的な原因であると。私は財政が弱いということは思い切った活動ができないわけでありますから、この財政の立て直しも、まさに経済を成長させるうえでの必須の要件だと考えております。そして社会保障についても、従来は社会保障というと何か負担、負担という形で、経済の成長の足を引っ張るんではないかと、こういう考え方が主流でありました。しかし、そうでしょうか。スウェーデンなどの多くの国では、社会保障を充実させることの中に雇用を見いだし、そして若い人たちも安心して勉強や研究に励むことができる。まさに社会保障の多くの分野は、経済を成長させる分野でもある。こういう観点に立てば、この3つの経済成長と財政と、そして社会保障を一体として、強くしていくという道は、必ず開けるものと考えております。

 国際的な問題についても触れたいと思います。日本は、戦後60年間、日米同盟を基軸として外交を進めてまいりました。その原則は今も原則として、しっかりとそうした姿勢を続けていく必要があると考えております。それと同時に、アジアにある日本として、アジア諸国との関係をより深め、さらに、ヨーロッパや、あるいはアフリカや、あるいは南米といった世界の国々とも連携を深めていく。このことが必要だと思っております。普天間の問題で、日米関係を含めて、いろいろと国内の問題も含めて、国民のみなさんにご心配をおかけいたしました。日米の間の合意はでき、それに基づいて進めなければならないと思っておりますが、同時に閣議決定においても述べられました、沖縄の負担軽減ということも、真摯(しんし)に全力を挙げて取り組んでいかなければならないと考えております。大変困難な課題でありますけども、私もしっかりと、ひとつの方向性をもって、この問題に取り組んで参りたい。このように思っているところであります」

【関連記事】
菅内閣、11閣僚が再任 国民新党と連立維持を最終確認
首相補佐官に側近の阿久津、寺田両氏
郵政改革法案成立で合意
仙谷官房長官が閣僚名簿を発表
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

30歳男性「就眠時、アロマキャンドルに火…」マンション1室焼く(産経新聞)
両陛下、葉山でご静養入り(産経新聞)
首相臨時代理、仙谷氏が1位(時事通信)
民主党新代表選出へ ちらつく小沢一郎の影(産経新聞)
8日に組閣=菅氏(時事通信)
posted by ハヤマ クニヒコ at 23:25| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

【W杯を楽しもう】(上)ユニーク施設続々 3Dの大画面で臨場感(産経新聞)

 「いろいろな形でサッカーを楽しめ、(サッカーワールドカップ)日本代表を応援する空間にしたいと思っています」。4月26日にオープンした「SAMURAI BLUE CAFE」(東京都渋谷区)のゼネラルプロデューサー、針谷和昌さんは話す。

 ≪今回も「中田カフェ」≫

 カフェの売りの一つは「本物のサッカーが分かる本をそろえた」(針谷さん)という「サッカー 宇宙の本」のコーナー。店内奥のステージ上に写真集や伝記、技術本から漫画まで約150冊のサッカーに関連する書籍が並び、自由に読むことができる。

 日本代表の試合当日には、大型スクリーンによるパブリックビューイング(PV)を実施。PV以外にも元日本代表の柱谷哲二さんのトークショーなどさまざまなイベントを予定。ふだんは落ち着いた雰囲気を楽しみ、試合当日は思い切り盛り上がるという2つの顔を併せ持つ。

 元日本代表の中田英寿さんがプロデュースするカフェとして4月27日にオープンしたのは、「nakata.net cafe」(同)。2002年の日韓大会、06年の独大会に続く3回目の開店だ。国籍を超え、誰もがサッカーを楽しめるようにW杯全64試合のPVを実施。250インチの大型スクリーンで現地の臨場感を味わえる。

 店内では、日本の魅力に触れる旅をしている中田さんが全国各地で出合った特産品を提供。沖縄県のやんばる島豚を使ったしゃぶしゃぶ、しょうが焼き丼などの食事メニューや各地の伝統工芸品を紹介している。カフェを主催するサニーサイドアップ(同)のスポーツマーケティング事業部長、山田健太郎さんは「サッカーをきっかけに日本を楽しむことができます」とアピールする。

 ソニー(港区)のショールームなどでもさまざまな体験を楽しめる。

 ≪アバターで会話≫

 東京・銀座のソニービルでは、サッカーを活用した同社の取り組みを紹介。「プレイステーションホーム」内に開設されたサッカーファン向けコミュニケーションエリア「FevaArena(フィバアリーナ)」の体験コーナーでは、自分の分身であるアバターを使ってほかのユーザーと会話したり、ゲームをすることができる。このほか、3D対応のテレビや200インチの大画面での3D体験なども実施している。

 今月24日には、東京・六本木の六本木ヒルズアリーナで280インチの大画面による3D映像やトークショーを楽しめるイベントを実施。W杯期間中はソニービルで3Dで撮影した試合のハイライト映像を早ければ試合翌日に上映。大阪や名古屋のソニーストアなどでも同様の映像を見ることができるという。(森本昌彦)

                   ◇

 W杯南アフリカ大会の開幕が約2週間後に迫ってきた。日本国内で4年に1度の祭典を楽しむスポットや方法などを紹介する。

                   ◇

 ■スタジアムでPVも予定

 大画面でW杯の試合を楽しむパブリックビューイング(PV)は全国各地で実施される。中にはスタジアムで大観衆を集めてのPVも予定されている。

 国立競技場(東京都新宿区)では6月19日のオランダ戦のPVを有料で実施。オランダ戦については、神戸市もホームズスタジアム神戸(同市)でのPVを予定している。神戸のPVは入場無料だが、事前に往復はがきで申し込む必要がある。

「一部ユニット型」特養、広島にも2施設(医療介護CBニュース)
傷口に塩…秋葉原殺傷の遺族、弁護側に不快感(読売新聞)
阿久根市長に市民から批判、リコール求める声も(読売新聞)
<雑記帳>黒部ダムの流木使った文房具販売 関電の関連会社(毎日新聞)
医療安全共同行動、「医療人全体の運動」に(医療介護CBニュース)
posted by ハヤマ クニヒコ at 14:01| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。