2010年03月16日

岩手の高校、監督教員の携帯鳴り試験やり直し(産経新聞)

 岩手県立杜陵高校(盛岡市)で9日行われた入学試験で、英語のヒアリング試験中に監督教員の携帯電話が鳴り、試験をやり直すというハプニングがあった。

 同校によると、携帯電話の着信音が鳴ったのは50代の男性教員で、体調不良の受験生3人が試験を受けた保健室の監督を担当していた。学校放送を通じて出題した3問のヒアリング問題の1問目の途中で突然、男性教員の着信音が鳴りだし、約2秒後に携帯を切ったという。

 同校では全問終了後、94人の受験生全員に再度、1問目の問題を流した。

 菅原完司校長は取材に対し「不注意で緊張感が足りなかった。受験生に迷惑をかけて申し訳なかった」と謝罪した。

 岩手県教育委員会によると、携帯電話の着信音対策として、受験生には受験要項で「試験場内への持ち込み禁止」を指導していた。9日の試験直前には、各校で再度注意し、持ってきた受験生からは携帯を預かるなどの対応をしていた。監督教員にも「携帯は職員室に置いて試験場に持ち込まないように」と指示していたという。

【関連記事】
学力テスト 民主は政策の誤り認めよ
4221人を門前払い 国公立大の2次試験中後期日程
判定ミスで6人を追加合格 横浜の鶴見大
東北大入試で出題ミス 正解2つ
鹿児島大入試で出題ミス 570人全員正解に

めぐみさん死んだ発言 BPO「人権侵害ない」 「軽い発言」家族会懸念(産経新聞)
「陸山会」土地問題まだまだ突っ込みどころ満載(産経新聞)
山陽新幹線で異音「ボン、ボン」…運転中止(読売新聞)
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か−北九州
イラク戦争への関与検証=小泉政権の対応問題視−外相(時事通信)
posted by ハヤマ クニヒコ at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。