2010年05月11日

雑記帳 「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)

 スペースシャトル「エンデバー」で08年11月に打ち上げられ、約8カ月間宇宙で無重力状態に置かれた日本三大桜の一つ「山高神代桜(やまたかじんだいざくら)」(山梨県北杜市)の種が芽を出した。

 種は国際宇宙ステーション「きぼう」で地球を4100周して昨年7月に帰還。10粒は研究機関に提供され、残り118粒を地元の中学生が昨年8月にポットにまいた。発芽したのはそのうちの2粒だ。

 神代桜の種から苗を育てる活動を続けて25年の県非常勤職員、三枝基治さん(60)は「普通は早くて7〜8年で花を咲かせるが、無重力の影響までは分からない」。中学生の夢が花開くことを願っている。【水脇友輔】

【関連ニュース】
野口聡一さん:「宇宙授業」ISSから
JAXA:白木理事「誇りに思う」 山崎飛行士帰還で会見
山崎宇宙飛行士:ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ
山崎直子宇宙飛行士:アームを操作しシャトルの機体点検
山崎さん:「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る

草むらに50歳男性の変死体、靴は18m先で発見(読売新聞)
乳児揺さぶり脳出血、虐待22歳父に猶予付き判決「卑劣も反省」(産経新聞)
「高速値上げNO!」淡路島の女将ら千人集会(読売新聞)
「首相の無知のツケ」=自民・石破氏(時事通信)
目白シンラート 夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)
posted by ハヤマ クニヒコ at 16:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。